~祈る~ 語源から考えるあるべき姿

10.15

突然ですが、”祈る”の語源、知っていますか?
諸説ありますが、「意を宣る」というところからきたというのが主説です。
簡単に言うと「気持ちを宣言する!」ということですね^^

・・・あれ?なんとなく普段使うイメージと違いませんか?
おそらく大多数の人が使う、祈りは英語のprayに近い意味かと思われます。
「こうあってくれと懇願する、願う」そんな意味がprayにはあります

話はそれましたが、ご先祖様にお参りするとき、神仏にお参りするときは、
意識して[pray」ではなく「祈る」ようにしましょう

つまり、「お願いします!~がかないますように!!」ではなくて、

「~~をします!どうか見守ってください!!」というようにですね♪

今自分がすべきことをする。それを続けていれば必ずご先祖様は見守ってくれている。
感謝の気持ちで日々を過ごしていれば、きっと良いことがあるのではないでしょうか^-^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る