上から見る自分の家

11.18

平面図(間取り図)じゃわからないことも、立体的に見ればイメージが湧いてきます
部屋と部屋のつながりも、立体的に見えればこそ、どう変えたいか、気持ちが伝えられるのではないでしょうか

例えばこんな風に上空から見てみると、エントランスからのつながり、
和室とリビングの関係等がよく見えてきます

家具をこんな風に配置してみたいな、という希望も見えればこそ、ですよね
そして、この中のリビングを見てみると・・・

こんな風に
窓に映りこんだリビングソファ、隣のダイニングの椅子も窓に映りこんで見えます
どんどんイメージが湧いてきませんか?
一生に一度の大きな買い物、よく検討して
理想の家を作りましょう^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る